おすすめ記事

2013年09月28日

フルオモ(古いけど面白い)ゲームレビュー 6.Peggleシリーズ

既存のカジュアルゲームのどのジャンルにも属さない、独自のゲーム性を持ったカジュアルゲームの傑作の1つが、この「Peggle」シリーズです。


ペグル デラックス

Peggleシリーズのゲーム性をひとことで言えば「スマートボール」です。
もはや「古い旅館や祭りの露天とかである・・・」とさえも言えないくらい古いゲームになってしまいましたが、スマートボールはパチンコの原型になったといわれる古いゲームで、木の板に穴を開けて釘を打った盤面を作り、そこにバネ仕掛けでボールを打ち込んで、狙った穴に落として高得点を狙う射的ゲームです。

そして、Peggleのゲーム内容もほとんどこれと同じで、びっしりとピンが設置された盤面に向かって砲台からボールを打ち込んで、あとは物理法則にしたがって落下したりピンに当たって跳ね返ったりするボールを見守って結果を待つゲームです。



スマートボールと違うのは、ゲームの目的が「穴に入れる」ことではなく(このゲームにも「穴」はあって、最後にそこに入るとボールを1個トクしますが、それがゲームの目的ではありません)、「画面上にあるすべての赤いピンを消すこと」だということです。
Peggleのピンは、スマートボールの釘と違って、ボールが当たると消えます。
そして、画面には青いピンと赤いピンがありますが、このなかの赤いピンを、決められたボール数ですべて消すことができればレベルクリアです。

画面には、青と赤に加えてグリーンのピンもあります。
これを消すと、しばらくの間パワーアップが有効になりますので、パワーアップをいつ取ってどう活用するか(とはいっても、欲しくないときに勝手に取れてしまうときもあって、そこがまたこのゲームの面白いところなんですが)が腕のみせどころです。

日本語版が出ているところも嬉しいポイントですね。

とても面白いゲームですが、本当にはまってしまうと、60レベルほどあるレベルをあっという間にクリアしてしまうかもしれません。

もっと遊びたい、という場合にはシリーズ第2弾として「Peggle Nights」というのも出ています(英語版のみ)。


Peggle Nights


posted by Sora at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

「The Path of Hercules」はマッチ3の超王道!

これはいい。マッチ3はこうでないと。


The Path of Hercules

スワップ式の、オーソドックスなマッチ3です。
遊んでみると、(いい意味で)非常に懐かしいテイストが感じられます。

おそらく、このあたりのゲームと同じ系列なんじゃないかと思います。


ライズ オブ アトランティス


アトランティスの呼び声


80日間世界一周

このあたりはどれもけっこう古いゲームで、カジュアルゲームといえばマッチ3、という感じだった時代にリリースされた作品群です。
古いゲームですが、いま遊んでみても、当時のマッチ3というジャンルがもっていた勢い、元気さを感じさせる、遊んでいて大変楽しいゲームになっていることに気づきます。

今回の「The Path of Hercules」もまさにそのテイストです。
ゲーム内容に飾ったところはほとんどなくて、(アイテム探しとかが間にはさまれますが)ひたすらストイックにマッチ3でレベルをクリアしていくことがゲームの目的になります。
ゲーム開始時にマーブルがぼとぼとと落ちてきて、クリアするとぼとぼとと消えていく演出や、同じくクリア時に残った時間が点数に変換される(ビジュアル的にもタイマーがスコアの数字に変わっていく)あたりなんかは、本当に「ああ、あの頃のマッチ3だ!」という懐かしささえ感じさせてくれますね。

昔のマッチ3を知っている私とかには「懐かしい」ゲーム性ですが、最近カジュアルゲームを始めた方などには、逆に「新鮮な」ものとして映るのではないかと思います。
ユーザーレビューも、マッチ3としては異例なほど高く、このゲームを遊んだ多くの方が満足したことを示していますね。

たしかによくできたマッチ3ですので、どなたにもおすすめできると思います。


posted by Sora at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

懐かしい!「Lunch Rush HD」

これは懐かしい。懐かしすぎる。


Lunch Rush HD

まさか、こんなゲームに今さら出会えるとは、想像もしていませんでした。

このゲームは、タイトルからも想像できるかもしれませんが、かつてリリースされた「Snowy Lunch Rush」というゲームを、HDバージョンにして焼き直したものです。

で、その「Snowy Lunch Rush」という元になっているゲームですが、これがもう恐らく5年以上前の、非常に古いゲームなのです。

私は、すでに消えてしまったカジュアルゲームサイト「Reflexive Arcade」でこのゲームを買いました。

ゲーム内容は、限りなくPlayFirstの「Diner Dash」に似ていて、レストランを舞台にした忙しいタイムマネジメントゲームです。
主人公がクマのSnowyに変わり、ビジュアルがファンシーな感じ(笑)になり、(これは印象ですが)難易度が若干下げられて、見た目的にも取っつきやすく実際にも遊びやすいゲームバランスになっていました。

個人的には「レストラン系タイムマネジメントのベスト作品」と思っていたので、Reflexive Arcadeが消えたあと、Big Fish Gamesでこのゲームを買い直そうと思いました。
ところが、BFGでは過去にリリースされた痕跡こそ残っていたものの、既に購入不可能になっていました。

その後、PlayFirstのPCゲーム撤退で、本家の「Diner Dash」も入手困難になり、私のなかではこの「Snowy Lunch Rush」への懐かしい思いはますます強くなっていたのですが・・・

それにしても、まさかこんな形で、こんな古いゲームが再リリースされるとは、思いもよらなかったですね。

もちろん私は買います。即買いです(笑)。

まあ、改めて遊んでみると、いかにもクラシックなタイムマネジメントで、いまの視点で見ると古くさい印象はぬぐえません。
HDモードにしてもあまり印象変わらないですし。
ただ、やはりしばらく遊んでいると、素質の良さというか、ゲームとしての安定感、完成度はやはり高いと思いますし、これこそまさに「古き良きカジュアルゲーム」だなあ、と感じます。

タイムマネジメントゲームの入門ゲームとしても良くできていると思いますし、見た目の古くささ、ユーザーレビューの低さに「めげずに(笑)」、ぜひ多くのかたにお試しいただきたいゲームです。

ただ・・・全画面モードしかなく、ウインドウモードが選べないようです。この点は原作から退化しているので、ここだけはできればバージョンアップで直してほしいところですね。


posted by Sora at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

BFG日本語サイトで、春休みセールきました!

春休みに遊ぶゲームを月末まとめ買い(ついでにパンチカード調整(笑))にぴったりの大型セールが始まりました。

BFG日本語サイトで、すべての標準版ゲームが499円、コレクターズエディションが999円で買えるセールが開催中です!

新作ゲーム一覧

クーポンコードは、標準版ゲーム用が「 STANDARD 」、コレクターズエディションが「 COLLECTOR 」(まんまですね)、有効期限は4月1日までと余裕のある設定です。
月末のクーポンコード調整にも役立てることができると思います。

さて、せっかくですのでセール対象の新作をいくつかご紹介しておきたいと思います。


ロイヤルエンボイ 2


ロイヤルエンボイ 2 コレクターズ・エディション

まずはこれは外せないでしょう。
評価の高い戦略系ゲームのシリーズ第2作です。
英語版がリリースされてから1年以上たってから日本語化されるという、定番ゲームとしてはかなり遅い日本語化でしたが、やはり日本語化されているほうが遊びやすいですよね。


万里の長城を築け!


古代ローマ 2

こちらも系列としては「ロイヤルエンボイ」に近い箱庭系ゲーム。
ただし、「古代ローマ2」はビルド系ないしPCのシミュレーションゲームに近いテイストで、いわゆる「箱に戦略系カジュアルゲーム」とは一線を画していますね。でも面白いです。


ドリームビルダー:夢の遊園地

こちらも箱庭系のなかではシミュレーションゲームに近いゲーム性のゲーム。
遊園地を建設しながら、決められたゴールを順にクリアしてゲームを進めていきます。
割と、ゴール設定によるしばりが緩いタイプの(これがカジュアルゲームらしくていいのですが)のんびりしたゲーム性なので、時間やルールをあまり気にせず自分の好きな遊園地を建設していく遊び方が楽しいと思います。


マージャン トルテック族の遺産

久しぶりに日本語サイトに登場したマージャン(上海)ゲームの新作。
内容は、きわめてオーソドックスなマージャンです。アドベンチャーモードというのもありますが、ひたすら決められた順にレベルクリアしていくだけでストーリー性はありません(笑)。
でも、操作性もいいですし、取れる牌と取れない牌の色分けや、少しレベルをクリアすると選べる麻雀牌の模様やデザインを選べるようになり、好みの画面デザインに変更できるようになって見やすくカスタマイズできるようになったりと、「オーソドックスなマージャンゲーム」として、よくできてます。
フリーモードで選べるレイアウトは333もあります(笑)。
日本語化されたマージャンゲームは決して数も多くなく、正直、これまではがっかりする完成度のものとか古すぎるものばかりだったので、そういう中ではベストのゲームになっていると思います。そういう意味では割とおすすめです。


ブティック ブールバード

私の大好きなタイムマネジメントゲーム(なのか?)、「ブルーバード」シリーズの新作です。
今回はブティックが舞台になっていて、前回の「ビストロ」と違い、店が開店している間も普通のタイムマネジメントゲーム同様に忙しい操作が入ります。
ただ、その操作は複雑ではなく、この「開店中の操作がシンプルで、閉店中の作戦モードにじっくりと時間をかける」というゲーム性が、この「ブルーバード」に独自の魅力を与えていると思います。


ビストロ ストリート

そういえば前作は、日本語版の名前は「ブルーバード」じゃなくて「ビストロストリート」でしたね。


posted by Sora at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

「MahJong Adventures」に謎の大ハマり。

古いゲームなのに、遊び始めたらやめられなくて、一気にクリアまでいってしまいました。


MahJong Adventures

非常にオーソドックスな「マージャン(上海)」です。
同じ牌を2枚ずつ取り去っていき、画面上の牌をどんどん取り去っていく、シンプルなソリティアです。

せっかくのお正月なので、古いソリティア系のゲームを少し遊んでみようかな、と思って、「ユーザーレビュー高評価ゲーム」のなかから、このゲームを見かけて、試しに遊んでみたのですが…

見た目は非常に「クラシック」ですし、ゲームとしても何の変哲もないのに、なぜか非常に面白くて、購入したのはもちろん、そのままひたすら遊びまくって2日でクリアしてしまいました。
アドベンチャーモードのレベル数は全部で110レベル程度、国を移動するストーリーになっていて、国ごとに違う牌が登場する仕組みになっていますが、その設定は無視して普通の麻雀牌を選ぶことができるところがいいです(ただし毎レベルごとに選びなおす必要があります)。日本人にとっては、普通の麻雀牌が一番見やすいので。

また、この「MahJong Adventures」のいいところは、ちゃんと同種の牌の数が本来のマージャン牌である「4枚」になっているところです。
他のゲームだと、6枚とか8枚といった謎の枚数になっていることも多く、「これでこの牌は2組=4枚取り去ったからもうないはずだ」という作戦が通用しないのですが、このゲームではその辺りがちゃんとしているので、戦略的に牌をとっていくことができます。
また、特定の黄金牌2枚を取り去ればレベルクリアになるので、「全部の牌を取ることが不可能な状態(ハマリ)」になっても、工夫次第ではクリアできたりするところも非常に戦略的です。

この辺りのゲームバランスのうまさが、この「MahJong Adventures」の特徴だといえますね。
古くささは否定できませんが、とてもよくできたマージャンゲームだと思います。

こんなにハマったマージャンは、「Tropico Jong」以来ですね。


Tropico Jong: Butterfly Expedition

こちらも、オーソドックスなのに本当に面白いマージャンです。


posted by Sora at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

「Safari Quest」はスピード感のあるマッチ3!

マッチ3の新作が、BFGからリリースされています。


Safari Quest

タイトルどおり、サファリを舞台にしたマッチ3です。
操作法は、スワップ、なぞり、クリックの3種類から選べるようになっているのですが、基本的にマップが狭く入り組んだ形をしているので、実際にはスワップ以外の操作法でクリアするのは至難の業だと思います。(なので、素直にスワップで遊ぶのがいいと思います。)

ゲームの目的は、色つきのパネルをマッチ3で破壊することと、特定の色かたちのマーブルを指定された数だけマッチ3で集めること。
それ以外に、マス目の中にいる動物(動かせない。空間があくと下に落ちていく)をいちばん下まで落として解放すると特殊なパワーアップが使えたりとか、マッチングを邪魔する岩を周囲でマッチ3させることで消していくといった、オーソドックスですがバリエーションに富んだギミックも用意されています。

ゲームの展開もスピーディで操作性もよく、短い時間でクリアするとボーナスもつくので、ゲームは自然と非常にスピード感のあるものになります。

うん、この感覚は間違いなく「マッチ3・ハイ」ですね。

久しぶりにこの感覚を味わえるマッチ3に出会うことができました。

ゲームとしてはオーソドックスで突出したところはないかもしれませんが、完成度という点ではかなりいいですよ。
マッチ3好きな方にはおすすめしたいゲームです。


あと、ついでに今日のDaily Dealもご紹介。


Banana Bugs

昔からある陣取りタイプのアーケードゲーム。
グラフィック、操作性ともに良好で、カジュアルゲームらしく気楽に楽しく遊べます。
Daily Dealでこの値段で買えるなら、手元においておいて損はない佳作。


posted by Sora at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

BFG米国サイトで、週末ボーナスパンチキャンペーン!

週末にいくつかゲームを買っておこうと思っていた方には朗報です。

BFG米国サイトで、ゲーム購入時のパンチカードのスタンプが、1つ余計にもらえる「ボーナスパンチ」キャンペーンが週末限定で実施されてます。

新作ゲームリスト

ボーナスパンチキャンペーンというのは、

標準版ゲーム:通常はスタンプ1個のところが2個もらえる
コレクターズエディション:通常はスタンプ3個のところが4個もらえる


というキャンペーンで、スタンプ6個でもらえる無料クーポンがもらいやすくなる、というキャンペーンになります。

期限は6日の16時まで、この期間に購入したゲームには自動的に上記キャンペーンが適用されます。

ボーナスパンチキャンペーンでよりお得なのは、いうまでもなく標準版ゲームです(スタンプ数が2倍になるわけですから)。
というわけで、最近の標準版ゲームのなかからいくつかピックアップです。


World's Greatest Temples Mahjong

ゲームタイプのバリエーションが豊富な、マージャン(上海)人気シリーズの最新作。
安定の面白さです。


Kingdom Chronicles

箱庭系戦略ゲームの新しいブランド。内容はオーソドックスで安定感があり、誰でも楽しめます。


Farm Fables

「ファームフレンジー」によく似た農場系タイムマネジメント。
なんかモフモフしてます。このタイプのゲームが好きな方や、たまにはこのタイプのゲームで遊びたいな、と思っている方はぜひお試しを。


Old Clockmaker's Riddle

マッチ3です。
最近、新作のマッチ3では割と残念な内容のものが多いのですが、そんな中でこのゲームは及第点で楽しく遊べます。オーソドックスなスワップ式のマッチ3で、ゲーム性はやや「モンテズマ」に近い印象です。


The Promised Land

いわゆる「トライブ系」というか、無人島みたいなところで資材を集めたりモノを発明したりして生き延びていくタイプのゲームの新作です。
やるべき内容が比較的整理されているほうで、このタイプのゲームは英語では遊べないなあ、と普段は思っている私でも、なんとか遊ぶことができています。


posted by Sora at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

「Big Fish Unlimited」について

BFGが、ゲームの新しいスタイルを模索しているようです。

http://www.bigfishgames.com/blog/big-fish-unlimited-launch-announcement/


Big Fish Unlimitedページ

こちらで紹介されている「Big Fish Unlimited」は、会員制のサービスで、ゲームを特定のデバイスにインストールするのではなく、ネット上のクラウドサービスとし、オンラインで(おそらくHTML5?かFlash的なもの)サイトにログインしてゲームを楽しむ、というもののようです。

同じようなサービスとしては、既にBFGには各種ブラウザゲームがありますが、今回はもう少し踏み込んで、セーブデータをクラウド上に保持し、デバイスを切り替えても中断したところから再開できる(つまり家でPCやタブレットで遊んでいたゲームの続きを、外出先のスマートフォンで遊ぶ、みたいなことができる)というところと、恐らくブラウザゲームレベルより新しいテクノロジーを使い、より高度なゲーム(最新のアイテム探しのレベル)を遊べるようになる(であろう)ところが「新しい」のだと推測されます。

まあ、アイデアとしては「あり」でしょうね。
特に、アイテム探しが大好きな方にはいいかもしれません。

私は、ネット接続必須になることや、やはりネットベースになることで想定される若干のパフォーマンス低下とかが気になるのと、アイテム探しを外でやりたいとはあまり思わないため、当面は様子見かな、と思います。


posted by Sora at 10:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

BFGの「Top Rated Games」というページがいい感じ。

BFGには、普通にナビゲーションしていても見つかりにくいページがあちこちにあるのですが、今日見つけたこのページは、ゲームの「ウィンドウショッピング」には最適なページかもしれません。

Top Rated Games

こちらは、ユーザー評価の高いゲームをリストアップしたページです。
星の数で4.5以上のもの?がリストアップされているらしく、今日現在だと、327個のゲームがあります。

左のカテゴリリンクをクリックすると、さらにジャンル別に絞り込んで見ることができます。
これが非常に便利で、リストアップされているゲームの大部分がアイテム探しなので、アイテム探し以外のゲームを探したい場合は、ぜひこの絞り込み機能を活用しましょう。

で、私もいろいろなジャンルのゲームを見ていたのですが、1つ面白そうなのを見つけました。


Emerald Tale

すごく古いマッチ3です。でも、遊んでみたら確かにすごくよくできていて面白い!です。

スワップ式でもクリック式でもなぞり式でもなく、盤面上でマーブルの位置を変えて、3つ揃えると爆発がおきて周辺の障害物が爆破されるので、それを活用してルートを切り開いて主人公を目的地まで移動させる、というちょっと変わったゲーム性です。

これ以外にも、ユーザーの評価の高い、面白いゲームが目白押しです。

新作以外のゲームから探してみたいけど、あまりに数が多すぎてわけが分からない、という方、ぜひこちらの「Top Rated」から探してみてはいかがでしょうか。


posted by Sora at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

「戦慄:雨の夜に消えたヒッチハイカー」が今日だけ398円!

BFG日本語サイトでお得なミニセールです。

完成度の高いアイテム探しということで評価の高い、「戦慄:雨の夜に消えたヒッチハイカー」が、今日(26日)限定で398円のセールです!


戦慄:雨の夜に消えたヒッチハイカー

クーポンコードは「 SVHSE 」となっています。


posted by Sora at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

マッチ3の新作たち:クイックレビュー

BFG米国サイトで、ここ最近、いくつかのマッチ3の新作がリリースされています。

よくできているものとそうでないと感じるものがありましたので、まとめてレビューしてみたいと思います。


Citadel Arcanes

スワップ式のマッチ3ですが、視点と操作が斜め見下ろしタイプになっているのが最大の特徴です。
ただ、この視点・操作性のために、スワップの動き(ドラッグアンドドロップ)を斜めに操作しなければならなくて、思ったとおり動かないことがあって若干ストレスがたまります。

そして、ちょっと致命的なのが、操作に対する反応がワンテンポ遅れる感じがあることと、コンボですばやく操作しているときに、マッチ3ができているのに消えないことがあること(3×3の2ラインができているのに片方の3つだけ消えるなど)。
こういうバグ?があると、狙ったとおりにマーブルが消えない(ちゃんと操作しているにも関わらず!)ということで、残念ながらマッチ3としては及第点は与えられないですね。

そして次。


Rebuild the History

非常にオーソドックスなスワップ式のマッチ3。
ただ、このゲームも操作性にやや難があり、思ったように操作できないことが多々あります。
また、アクティブ連鎖(コンボの最中にさらにマーブルを動かす)ができないので、まるで将棋のように、「1手動かしたら連鎖が終わるまで待つ」みたいな感じになってしまい、爽快感がありません。
またBGMが笑ってしまうほどしょぼく、全体としてまるで個人制作のフリーゲームのようです。

というわけで、こちらもちょっとおすすめできないですね。

で、最後。


Jewels of the East India Company

こちらは、なぞり式のマッチ3で、盤面が6角形のヘックスになっており、「ヒーローオブヘラス」シリーズとちょっと似ている感じです。
こちらもすごくオーソドックスですが、グラフィック、操作性、BGM、どれもなかなかの水準で、爆弾やコインなどのギミックも(こちらもオーソドックスですが)ゲーム性の向上に貢献しています。
盤面の大きさによってヘックスの大きさそのものを変えるというデザインを採用しているので、大きい盤面から小さい盤面までバリエーションも豊富です。

このゲームは、なぞり式のマッチ3として十分及第点、面白い新作だと評価できると思います。

(参考)おなじタイプのなぞり式マッチ3。

ヒーローズ オブ ヘラス 2:オリンピア


posted by Sora at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

「アステカ:新天地」は、ユニークな箱庭戦略系ゲーム!

なんと、このゲームまで日本語化されるとはびっくり。BFG日本語サイト、頑張ってるなー。

今回、BFG日本語サイトで日本語版がリリースされた、この「アステカ:新天地」は、英語版の時からずっと遊んでいた、私の大好きな戦略系ゲームの1つです。


アステカ:新天地

アステカ文明の古代が舞台の箱庭系戦略ゲームです。
ですが、こういうゲームでよくある、壊れた道路を修復して道を作っていくという要素はなく、決められた場所に施設を建設したり、壊れた施設を修復したりして資源の生産体制を整え、その資源を使ってまた施設を建設したりアップグレードしたり・・・を繰り返すことで、古代の町を繁栄させていくことがゲーム中の作業のメインになります。

というと、ビルド系タイムマネジメントのようにも聞こえますが、建てた建物にはちゃんとワーカーを派遣して生産活動をさせないとなにも生産されませんし、施設を作る手順によっては手詰まりになったりもしますから、その辺りは明確に戦略系ゲームの味付けになっています。

また、こういったタイプのゲームでは非常に珍しいのですが、各レベルのマップがランダム生成で、スタートするたびに違うマップになります(マップ内の施設の数や状態は決まっていますが、その配置が毎回違います)。

このゲーム、慣れると決して難しいゲームではありませんし(むしろ時間制限なしモードはかなり「易しい」部類だと思います)、それでいていろいろ考えながら遊べるのでとても面白い戦略系ゲームなのですが、ゲームのルールが独特で、しかも導入部分がちょっと不親切(チュートリアルは不完全だし、施設をクリックするといきなりフルのリングメニューが出てしまう、等)なので、いきなり最初の画面でわけが分からなくてスルーしてしまう人もいるかもしれないなあ、と思います。

でも、それはもったいない!です。
以下に、最初の3レベル分のクリア手順をまとめておきますので、まずはこれにしたがって最初の3レベルだけでも遊んでみて下さい。
きっと、このゲームの魅力を体感できると思います。

ゲームの基本:
・資源を得るために、施設にワーカーを派遣する。菜園なら食料を生産、木工場なら木を生産など。
・壊れている施設は、ワーカーを派遣して修復しなければならない。修復するためには資源が必要。
・ときどき出没するダチョウはクリックで退治。食料が手に入る。
・施設が生産する資源は、クリックで手に入る。
・施設をアップグレードすると、派遣できるワーカーの数が増え、ワーカーを多く派遣するほどその施設の生産性が上昇する。
・空白の場所に施設を作る場合は「町」メニューを使う。すると町から人がやってきて施設を作ってくれる。


レベル1
初期状態で、「掘立て小屋」「菜園」「壊れている菜園」の3つがあります。
レベルクリアのためには、次の手順が必要です。
・壊れていない菜園にワーカーを派遣し、食料を生産
・壊れていない菜園のワーカーを戻し、壊れている菜園に派遣
・壊れている菜園を修復、以後そのままで食料を生産させておく


レベル2
初期状態で、「掘立て小屋」「菜園」「壊れた製材所」の3つがあります。(下にあるテントのアイコンは「町アイコン」で、建物ではないです)
レベルクリアの手順は以下の通りです。
・菜園にワーカーを派遣し、食料を生産
・菜園から壊れた木工場にワーカーを移し、製材所を修復、生産開始
・掘立て小屋をクリックして撤去
・「町」アイコンを押して「テント」アイコンを押し、テントを設営
・掘立て小屋がテントになると、ワーカーが2人になっているので、菜園、製材所、両方に派遣して食料と木材を生産させる
・テントをアップグレードする(星2つ)
・製材所をアップグレードする(星2つ)→ワーカーを追加派遣する
・テントをアップグレードする(星3つ)
・製材所をアップグレードする(星3つ)→ワーカーを追加派遣する


レベル3
・養殖場にワーカーを派遣し、食料を生産
・ワーカーを養殖場から壊れた製材所に移し、製材所を修復、しばらく木材を生産、その間ダチョウを叩いて食料も増やしておく
・掘立て小屋を撤去しテントを設営→ワーカーが2人に
・養殖場と製材所、両方にワーカーを派遣し生産活動
・テントをアップグレードする(星2つ)
・製材所をアップグレードする(星2つ)→ワーカーを追加派遣する
・テントをアップグレードする(星3つ)
・製材所をアップグレードする(星3つ)→ワーカーを追加派遣する



ちなみに、日本語化されたこのゲームは、シリーズ第2作で、英語版ではあと1作、同じシリーズの作品があります。


Aztec Tribe

こちらももちろん持ってます。こちらはゲームシステムが2作目と若干違うので違った趣向で楽しめますし、2作目に負けず劣らず(というか、もしかすると2作目よりも)面白いです。
あわせてお試ししてみる価値があるんじゃないかと思います。


posted by Sora at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

カレンダー届きました&今日のDaily Deal&バレンタインデーセール!

先日のBFGのコレクターズ・エディションキャンペーンのノベルティグッズだったフェリックス君のマグネットカレンダー、昨日届きました!



写真の手の大きさと比べていただければ分かるとおり、大きさは、はっきり言って小さいです(笑)。
まあ、オマケでもらったものですので、いいんじゃないでしょうか。こういうノベルティグッズはちょっとしたものでも嬉しいですよね(^^)


ところで、今日のBFGアメリカサイトに登場しているDaily Dealは、遊ぶ価値がありますよ!


Luxor: Quest for the Afterlife

マーブルポッパーの定番シリーズの「Luxor」の、しかもシリーズ最高峰と呼んでまず間違いがないであろう「Quest for the Afterlife」が2.99ドルで買えます。

Luxorシリーズは、マーブルポッパーとしては例外的に、今でも続編が出ている非常に息の長いシリーズですが、なぜかこの「Quest for the Afterlife」以降はグラフィックの質やゲームのバリエーションがガクっと落ちてレベルダウンしてしまっています。

シリーズ最新作よりも、こちらのほうがずっとグラフィックとかのクオリティも高いですので、ぜひ一度お試しいただければと思います。


さらにさらに、今日1日(日本時間では明日15日の17時まで)限定で、米国BFGサイトでバレンタインデーセールも開催中です

バレンタインデーセール会場

クーポンコードは「 LOVE499 」、こちらのリンク先のゲームがどれでも4.99ドルで買えます。

恋愛もの、といってもアイテム探し以外のゲームもありますので、当ブログ的おすすめをご紹介。


Heartwild Solitaire

こちらはシリーズの1作めだけリンク先に含まれているようです。
トランプのカードを使ったソリティアですが、場札をペアリングして取り去っていく、「マージャン(上海)」に近いゲーム性のソリティアになっています。
ビジュアルの雰囲気もよく、ちょっと古くなりましたがいまでも十分楽しめるおすすめのソリティアゲームです。



Wedding Dash 2: Rings Around the World

タイムマネジメントゲームのウェディング・ダッシュシリーズは、全作こちらのリンク先にあるようです。
私は、お客さんの雰囲気が何となく好きなこのシリーズ第2作が一番のお気に入りです。



Love Chronicles: The Spell

カケラ集め系のアイテム探し。なかなか面白くて、私も最後までクリアしています。
日本語版も出ていますので安心ですね。


posted by Sora at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

BFGで最初に遊びたい12のゲーム(日本語版)

ちょうどビッグフィッシュゲームズ日本語サイトでGWセールを実施中でもありますし、「カジュアルゲームを始めてみたいんだけどどのゲームから始めたらいいのか分からない」という方のために、当サイト的おすすめゲームを12本、幅広いジャンルから選んでみたいと思います。

とりあえず今回は日本語サイトにあるゲーム(日本語化されたゲーム)限定でセレクションしてみます。
そのうち機会があれば英語サイトのゲームからセレクションするエントリも書きたいと思います。

どのゲームも、最長1時間まで無料で遊ぶことができます。
じっくり遊んで面白いと思ったらはじめて購入すればOKです。(BFGの会員はいつでも制約なくやめられます)


1.マッチ3

マッチ3とは、色や形の異なるマーブルを動かして操作し、同じものを3つ以上つなげると消える、というルールを基本とするパズルアクションゲームです。


ドラゴン エンパイア

日本語版が出たばかりのマッチ3ですが、ルールがオーソドックスで難易度が低く、操作性もよく、はじめてのマッチ3としておすすめできます。



呪われた家

画面固定式のマッチ3としてはこれが完成度が高く、操作性もいいのでおすすめです。呪われた家の10部屋、それぞれにルールが違い、かなりアクション性を求められる部屋もあります。


2.タイムマネジメント

タイムマネジメントとは、決められた手順を手際よくこなして、与えられた作業を時間内にすべて終わらせるといったゲームスタイルのアクション性の強いゲームです。


メガプレックスマッドネス - 大ヒットオンパレード

プレイヤーは映画館の経営者となり、続々と訪れるお客さんにチケットを売ったりスナックを売ったりトイレに連れて行ったりして、すべてのお客さんを時間内に館内に案内できればクリアとなるゲームです。
操作性がよく、またレベルが進んでも求められる手順が過度に複雑にならないので、遊びやすいです。



ザ・フィフス ゲート

複雑になりがちなタイムマネジメントの操作を、ゲーム中はほぼすべてワンクリックだけで済むように単純化することに成功した、とても操作の易しいタイムマネジメントゲームです。
特にタイムマネジメント初心者の方にうってつけでしょう。



バーガー・バッスル

タイムマネジメントゲームでは、レストランで次々と来訪するお客様に料理を出してさばいていく、というタイプのゲームが非常にたくさんあります。
その中でもこの「バーガー・バッスル」は、ハンバーガーショップを舞台にした、操作性がよく楽しいタイムマネジメントゲームです。


3.アイテム探し

アイテム探しは、いま最も多くのゲームがリリースされているジャンルで、エリアを探索して謎を解きながら、あちこちに設けられた「アイテム探しスポット」の画像のなかから、指定されたアイテムを見つけていくアドベンチャーゲームです。


ラブ・クロニクル 眠れる国物語

アイテム探しゲームには、大きく分けてアイテムの名前が並んだリストを見ながらアイテムを探すタイプと、アイテムのシルエットを見ながらアイテムを探すタイプ、さらにはアイテムが破片に分割されて画面内に散らばっているもの(カケラ探し)がありますが、このゲームは最後の「カケラ探し」タイプのアイテム探しです。



トレジャー・シーカーズ2 魔法のカンバス

こちらは、シルエットからアイテムを探すタイプのアイテム探しです。
シリーズ化されている人気ゲームで、現在シリーズ4作がリリースされていますので、面白いと感じた場合はシリーズ作品に次々と挑戦することもできますね。



ファントム・オブ・オペラ:オペラ座の怪人

最後に、オーソドックスな「リストからアイテムを探す」タイプのアイテム探しもご紹介しておきたいと思います。
このゲームはアドベンチャー色が強く、マップ内をあちこち移動する必要があります。英語になりますが、詰まったときはこちらの攻略ページが役に立ちます。


4.マーブルポッパー(ビー玉ポッパー)

マーブルポッパーは、マッチ3の派生型ゲームで、長く連なったビー玉の列にビー玉を撃ち込んで、同じ色のビー玉が3つ以上連なったら消える、というルールで、ビー玉の列をすべて消すのが目的のシューティングゲームです。


バタフライ エスケープ

ビジュアルも美しく、難易度も低めで初心者むきなマーブルポッパーがこちら。
とりあえず初めての人にマーブルポッパーをすすめるならこれしかないというゲームですね。安定感あり。



ストーンループス!オブ ジュラシカ

ちょっと変り種のマーブルポッパーで、普通はただ撃ち込むばかりのマーブルですが、このゲームでは撃ち込むためのマーブルを、マーブル列の中から引っこ抜いて、それを別の場所に撃ち込むというゲーム性になっています。
また、マーブルの重さを感じさせる演出が秀逸で、重たい岩石をガンガン引き抜いたり撃ち込んだりしている感覚が味わえます。


5.戦略系

戦略系のゲームは、文字どおり、いわゆるシミュレーションゲームです。
さまざまな制約のなかで大きな目的(街や島を成長させる等)を達成するために、ゲーム内の住民に指示を出したり資源を調達したりといったコマンドを選択していきます。
戦略系カジュアルゲームは、本格ゲームのシミュレーションゲームと異なり、操作やコマンドが単純化されているので、マニュアルなどを読まなくてもゲームが楽しめる点が大きな特長です。


ファーム・トライブ

そんな戦略系のエッセンスを存分に楽しめるゲームがこちら。未開の島を開拓して農園に変えていくゲームです。
目的が非常に明確で難易度も低く抑えられており、誰でも挑戦できる易しい戦略系ゲームに仕上がっています。



ジャックと楽しい仲間たち

こちらも最近日本語化されたばかりのゲームです。
戦略系の最近の人気は、箱庭のような小さな固定画面の土地のなかで、豆粒のような住民に資源を集めたり建物を建てたりといった指示を次々と出し、ミッションをクリアしていく「箱庭系」タイプのゲームです。この「ジャックと楽しい仲間たち」は、その箱庭系ゲームのなかでも難易度が低い初心者むきのゲームだと言えると思います。


posted by Sora at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

フェリックス君のぬいぐるみが届きました。

Big Fish Gamesの会員を1年続けるともらえるという「フェリックス君のぬいぐるみ」、昨年12月21日に「発送しました」というメールが来ていましたが、ようやく実際に届きました!



届いた箱。BFGのアメリカ本社から届いているようです。
横に置いてあるのはサイズ参考のためのb-mobile モバイルWifiルータ。



こちらが実際に届いたフェリックス君のぬいぐるみ。
ディスプレイ用のスタンドもセットでした。(ただし安定は悪いです(笑))



別角度からもう1枚。



大きさの参考のために、30cmの定規と一緒に撮ってみました。高さは20cm弱といったところです。

BFGのフェリックス君(プルプル立体視)

最後に、手持ちの3Dカメラで撮ったフェリックス君をプルプル立体視写真にしてみました。


フェリックス君のぬいぐるみは都市伝説か?とも言われていましたが(笑)、実際に届くものなんですね。
まあ、フェリックス君には莫大なお金を貢いでいますから(^^;)、ありがたくいただくことにします。(笑)

ちなみに、最近BFGでリリースされて面白いな、と思ったゲームはこちら。


ザ・フィフス・ゲート

花を育てる系のタイムマネジメントゲームですが、ゲーム中の操作がひたすらクリックだけ!ドラッグ&ドロップとかがまったくないので、操作でストレスを感じることがほとんどないです。
とにかく忙しい!というタイムマネジメントゲームの面白さとスリルを、簡単操作で実現しています。
こういうタイムマネジメントゲームは面白いなあ。


posted by Sora at 18:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | カジュアルゲームサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。