2014年06月07日

戦略・ビルド系の日本語ゲーム2作登場!

さて、日本のBFGサイトに、戦略系、ビルド系のゲームの新作が届いています。


ソラーのバラード

ストーリー性を重視した箱庭戦略系ゲームです。
特徴としては、上にも書いたとおりストーリー性を重視していてキャラクターの会話がゲーム中に挿入されたりすること、それと1つのレベル内で、1つのマップをクリアするとそのまま(ストーリーでつなぎながら)マップがスクロールして隣のマップをプレイして、それをクリアするとようやくレベルクリア、みたいな「1レベル複数マップ」の仕組みが取り入れられているところです。
ゲームそのものはオーソドックスで、ストーリーとかが出てきたり、ミッションをやらせるワーカー?を洗濯して切り替えたり、といった要素が入っているため、スピード感があるというよりはのんびり遊ぶタイプのゲームです。
読むテキストが多いので日本語化されたことはありがたいですね。

それからもう1つ、こちらは定番ゲームの日本語化です。


ロイヤル・エンボイ:キャンペーン・フォー・クラウン コレクターズ・エディション

ロイヤルエンボイシリーズの、日本語版での最新作。
ちなみに英語版では、先日「3」が出ていてこちらが最新です。


Royal Envoy 3 Collector's Edition

こちらは、箱庭戦略系というよりは、クラシックな「ビルド系タイムマネジメント」に近いゲーム性です。
とはいえ、リソースの依存関係や道端に落ちているリソースも使うなど、最近の箱庭戦略ゲームの要素が盛り込まれていますね。
このジャンルとしては珍しくコレクターズエディションが出ていて、レベル数などが増強されているので、ファンならやはりCEを選びたいところです。


posted by Sora at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦略系 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。