2014年04月06日

ZOOM OUT GAMESから箱庭戦略系ゲーム2作!

今週の週末は「標準版2本買うと1本タダ(実質半額)」のセールを開催中です。

そんな週末にぴったりな、日本語版の箱庭戦略ゲームの新作が2本、立て続けに「ZOOM OUT GAMES」という同一ゲームメーカーからリリースされています。

まず1本目がこちら。


ヘラクレスの12 の功業

大男のヘラクレスの奥さんが誘拐された、というストーリーが一応あるようですが、ゲーム内容としてはごく普通の箱庭戦略ゲームです。
作業ごとに、普通の人間が担当するもの(木をどけたり橋を作ったり)と、ヘラクレスが担当するもの(大岩をどけるなど)があって、分担して作業しますが、ほとんどヘラクレスが役に立つ場面はなく、ずっと寝ているのが笑えます。
また、これは後の「ドルイドキングダム」にも共通しますが、いまの資源の量でできるタスクが画面上で常にグリーンの円で囲まれているのは非常に分かりやすいですね。
タスクの予約もできますし、全体的に非常に遊びやすいゲームで、戦略系初心者でも存分に楽しむことができます。
おすすめです。

そしてもう1本はこちら。こちらも「ZOOM OUT GAMES」製です。

ドルイド キングダム

同一メーカーですから、ゲームの細かいところの仕上げが非常によく似ています。
(時間がたつと資源が再生産される遺跡?みたいなところのグラフィックとか、ほとんど同じですね。)

でも、このメーカーの場合、某8FLOOR GAMESみたいにまったく同じゲームを見た目だけ変えて焼きなおすということではなく、ゲーム性にも丁寧に手を入れて、しっかり別のゲームに仕上げているところは好感が持てます。

こちらのゲームを「ヘラクレス12」と比較すると、まず、タスクの予約ができない点が大きく異なります。(これは正直めんどくさい)
また、いわゆる生産拠点の一部が、作業員を派遣しなくても建てられる点もユニークですね(クリックすれば勝手に建って生産を始める)。

また、ゲーム中に勝手に吹き出しがでて、登場人物が勝手に話し始めて、勝手に物語を進めていってしまうのには笑いました。

こちらはボーナスがもらえる時間の制限も非常に厳しく、全体的に「ヘラクレス12」よりも難易度を上げてあるという印象が強いですね。


というわけで、「2本で1本タダ」のこの週末、この新作の箱庭戦略ゲーム2本をまとめて攻略してみてはいかがでしょうか?


posted by Sora at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦略系 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。