2011年03月17日

震災について、それから

先日の震災では、東北地方を中心に甚大な被害がでました。

被災された皆様にお見舞い申し上げるとともに、1日も早い復興を願ってやみません。

かくいうブログ主も東京で地震に会い、オフィスの内装が少し壊れたり、当日は20km歩いて自宅に帰るなどの経験をしました。


ようやく周囲も落ち着いてきたこともあり、更新を再開したいと思います。

さて、3月に入り、BFGの日本語サイトでは精力的にカジュアルゲームの日本語化がすすんでいます。
そんななかで個人的におすすめなゲームをいくつかご紹介。


勇者テーセウスとアマゾーンの戦い

マッチ3の「勇者テーセウス」シリーズ2作目。1作目はこちら
オーソドックスなスワップ式のマッチ3です。


ミステリー事件簿:十三番目の骸骨

有力なアイテム探しゲームもたくさん日本語化されてきましたね。
オペラ座の怪人」もとても面白く、最後までクリアしました。
そしてこの「13骸骨」も、BFGの2010年度のベスト・オブ・ベストゲームに選ばれているだけあって、実に本格的なアイテム探しになっています。
やっぱりアイテム探しは日本語版がいいですね。

続いて、米国BFGサイトのゲームもいくつか。


The Timebuilders: Pyramid Rising

いわゆるビルド系のストラテジーゲームです。「すべてはお姫様のために」系ですね。
このゲームは、レベル数が40しかなく難易度も低めですが、私のようなヌルゲーマーにとってはこの難易度の低さこそが「カジュアルゲーム」らしさだったりします。(なのでとても気に入っています)

同じく、ビルド系のストラテジーゲーム、今日もう1本出ました。


Aztec Tribe: New Land

遊び始めてみたのですが、チュートリアルが全然ないので試行錯誤で始めるかんじですね。
最初に食料系のリソース生産拠点を手に入れて、生産して、次に資材系のリソース拠点を復活、ベースキャンプをアップグレードして作業員?を増やして生産性を上げながらレベルごとの目的を達成する、といった流れで遊んでいくようです。
あちこちに登場するダチョウみたいな鳥を叩くとポイントと食料リソースが増えるんですが、たくさん出てくるので忙しいです(^^;)。
posted by Sora at 17:35| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。関東方面も色々な被害や影響が生じているようですが、御無事で何よりでした。今回の震災では揺れが少なかった地方ですが、以前に実家で大きな地震も経験し、やはり揺れには本能的な怖さを覚えました。
本当に、一日も早い復興を願っております。

「十三番目の骸骨」は、さすがの安定感ですね。グラフィックも素晴らしく、内容も充実して堪能しました。(人物の実写シーンだけが少々馴染めませんが・・)
マッチ3は新作の「Jewel Match 3」を終えた達成感の後、ただ今「Tibet Quest」の終盤で苦戦中です。少し操作に癖のある作品ながら、道筋づくりが面白くはまっています。これが終わったら「勇者テーセウス」もぜひやってみたいと思います。

過去記事にご紹介の中からも、気になったものを少しずつプレイしています。カードゲーム初挑戦の「Heartwild Solitaire」は、先日のセールで購入以来、1・2作目とも随分楽しんでいます。1作目は2周目から数を足して13にするというルールに変わるのに驚きましたが、より面白くなり、優雅なビジュアルにも気持ちが癒されます。
色々な作品のご紹介をまた楽しみにしています。
Posted by miyomiyo at 2011年03月18日 14:59
miyomiyoさん、

コメントありがとうございます。

幸いにして我が家は家族ともども無事でしたし、これからは復興に少しでも力になれるよう、仕事を頑張りたいと思ってます。

13骸骨、私も途中までしか進めていないんですが、面白いですよね。
ただ、ファイルサイズが500MB超えというのはちょっと大きすぎるな、とは思います(笑)

また、マッチ3ですが、かなり古いゲームですが、「Jewel Match」シリーズ的な「ストイックな面白さ」を感じられるゲームとしては、「The Enchanting Islands」というのがあります。
非常に地味なマッチ3ですが、無心に遊べるので私は今でも遊んでいます。よろしければお試しください。

また、Heartwild Solitaireシリーズを楽しまれたのなら、「Jewel Quest Solitaire」の1と2も楽しんでいただけるかもしれません。
Posted by sora at 2011年03月20日 20:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック