2013年07月23日

BFG新作マーブルポッパーは対戦型?!

「おおっ、マーブルポッパーの新作だ!」と喜んで遊んでみたら「謎ゲー」だった件(笑)。


Evy: Magic Spheres

マーブルポッパーというのは非常に枯れた…というか、もっとはっきり言えばブームの去ったカジュアルゲームジャンルで、最近はほとんど新作が出ないジャンルです。

でも、私は個人的にはカジュアルゲームのなかでは最も好きなジャンルの1つだったりするので、こうやってたまに新作が出るとすぐに遊んでみる(そして、よほどひどい内容でない限り応援の意味も含めて購入する)ようになっています。

さて、そんなわけでマーブルポッパーの貴重な新作が出ました。
さっそく遊んでみてかなりびっくり。

コンピュータとの対戦型ゲームになってました。
しかも、交互に手順がまわってきて「手」を打つターン制の採用で、マーブルポッパーの重要な要素の1つであるアクション要素が消えています。

うーん、これは謎ゲー。
自分の手順で、ランダムに出てくる砲台のマーブルの色に対して、マーブルの列のどこに打ち込むかというのはほとんど決まってしまいます。
なので、対戦の結果は、配牌(自分の手順でマーブルの列がどういう配置になっているか、砲台に何色のマーブルが回ってくるか)の運もしくは自分・相手の手とマーブル列の変化を数手先まで読む力によって決まることになります。

前者はただの運(多少入れ替えはできますが)だし、後者はまじめにやるのはとても面倒(やりたくないし、個人的には難しくてできない(笑))です。

イメージ画像はきれいで、ゲーム中もアドベンチャーゲーム仕立てでビジュアルも凝っていて良くできているんですが、ゲーム内容は新しさを追求しすぎて「謎ゲー」になってしまっている、という印象ですね。

まあ、でももしかすると個人的な相性の問題かもしれないので、マーブルポッパーが好きな方・変わったゲームに興味のある方・「パズルクエスト」のような対戦型マッチ3に興味のある方は、いちど試してみてもいいのではないでしょうか。

ちなみに、最近リリースされた新作の大傑作マーブルポッパーとして「Sparkle 2」がありますから、単にマーブルポッパーの新作が遊びたいということであれば、今回の作品よりもこちらのほうが圧倒的におすすめです。


Sparkle 2
posted by Sora at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マーブルポッパー | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

BFG米国サイトで、「2つ買うと1つタダ」セール!

大本命セールがやってきました!
BFG米国サイトで、「2つ買うと1つタダ」のお得なセールが開催中です!

新作ゲームリスト

カートに偶数の数のゲームを入れて、精算前にクーポンコードを入力すると、代金が半額になります。

クーポンコードは、コレクターズエディション用が「 SUMMER 」、標準版ゲーム用が「 HEATWAVE 」、有効期限は明日22日の16時までです。

新作ゲームも、いろいろ面白そうなものが出ています。
特にここ最近は、箱庭戦略ゲームが山のように出ていますね。


Moai: Build Your Dream


Druid Kingdom


Rush for Gold: Alaska


Monument Builders: Notre Dame


Kingdom Tales

…たった1か月たらずの間に、こんなにたくさん箱庭戦略ゲームが出ています。
正直、全部やりこめてはいませんが、「Monument Builders」はシリーズ最新作ですが、絵のタッチがポップで楽しくなった反面、やたらクリックしまくらなければならないゲーム性がそのままなのはちょっとマイナス。
「Druid Kingdom」はレビューの評価は高くないんですが、あまりリソースのことを考えなくてもポンポンクリックしていくとゲームがどんどん進んでいきますし、ヒントみたいなものまで出てくるので、個人的には爽快感があって、今回リストアップしたなかでもかなり好きなほうに属するゲームですね。
「Kingdom Tales」「Rush for Gold」は、どちらもオーソドックスなゲーム性でなかなか楽しいですね。まだ英語版の箱庭戦略ゲームであまり遊んだことがないなら、このあたりからがいいのではないでしょうか。「Moai」は操作性もよくテンポよくゲームが進むので、今回のリストのなかでは完成度的にはいちばん高いかも。


Beware Planet Earth!

かの「Plants vs Zombies」と同じクリエイターが作ったらしい?タワーディフェンスゲーム。
「Plants vs Zombies」と同じく、やたら狭いフィールドでちまちまと攻防を繰り広げるスタイルは健在です。
個人的には、オーソドックスなタワーディフェンスのゲーム性に近づいた本作のほうが、大ヒットした全作よりも遊びやすくて好みだったりします。


Baking Success

いわゆるケーキマニア系のタイムマネジメントゲームですが、右クリックでいろいろな操作を自動化できるようになっているので、クリックで混乱してしまう私のようなヘタレゲーマーには大変遊びやすい仕様になっています。
ゲーム性としてはオーソドックスというか、もはや「クラシック」と呼んでもいいような昔ながらのタイムマネジメントげーむですが、操作性が非常にいいため、久しぶりにこのタイプを購入して遊んでみようと思わせてくれました。ユーザーレビューの評価も高いです。ちょっとオープニングのローディングタイムが長いですね。


posted by Sora at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お得な話題 | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

麻雀クエスト、日本語版が出ました!

これはまた珍しい。
非常にクラシックな(リリースされてから時間がたっている)マージャン(上海)系カジュアルゲームが、日本語化されました!


麻雀クエスト

日本語タイトルには番号がふられていませんが、実際には上記のゲームイメージを見ていただけばわかるとおり、もともとの英語版でいうところの「Mahjong Quest 2」、つまりシリーズ2作目の日本語バージョンです。

このシリーズですが、英語版では3作目まで出ています(そしてなぜか、シリーズ1作目は存在しません)。
そんなわけで、まずまず支持されている、このカテゴリでは人気シリーズということができると思います。


Mah Jong Quest III: Balance of Life

さて、話を戻して日本語版の今回の新作「麻雀クエスト」ですが、ストーリー仕立てになっていてなかなか面白いです。(すごくシンプルなストーリーですが、話の続きが見たい、ストーリーを進めたいという思いで先のレベルに挑戦するモチベーションが高まるので、とてもいいと思いました。)

また、麻雀の牌も標準的な麻雀牌になっていて見やすいです。
(ただし、取れる牌と取れない牌の色を任意に変えたりすることができないのは少し残念ですね。)

いずれにせよ、日本語化されている正統派のマージャン(上海)ゲームって、実はとても少ないです。
今回のこのゲームはその数少ないゲームの1つです。
それ以外でいうと、下記くらいしか見当たりません。


マージャン トルテック族の遺産

マージャンタワーズエタニティというゲームも正統派マージャンですが、中途半端なオンラインゲーム仕様になっているのと、ゲームのデザインがさすがに古すぎて、ちょっと今となっては遊びにくいソフトになってしまいました。

というわけで、数少ない貴重な存在である「日本語化された正統派マージャン(上海)ゲーム」の1つである本作、完成度も及第点ですので、日本語でマージャン(上海)を遊びたい、という方なら試してみて損はないゲームだと言えるでしょう。

ただ、まあ、マージャンは英語が読めなくても英語版で遊べるようにも思います。
私にとっての「永遠のNo.1マージャン」は下のゲームです。こちらもよろしければぜひお試しを。


Tropico Jong: Butterfly Expedition
posted by Sora at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マージャン系 | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

BFG日本語サイトで、海の日セール!

微妙に乗り遅れてしまいましたが(^^;)、BFG日本語サイトで、明日まで有効なセールが開催中です!

新作ゲーム一覧

今回のセールでは、標準版ゲームがすべて499円、コレクターズエディションが998円で買えます。

クーポンコードは、標準版用が「 STANDARD 」、コレクターズエディション用が「 COLLECTOR 」(まんまですね)、有効期限は16日いっぱいです。

最近の新作というと、まずはこれですね。


ファーム・トライブ 2

いわゆる「無人島箱庭サバイバル系」(無人島じゃないですが)の戦略ゲーム。
とても丁寧な作りで、初心者でも遊びやすい、いかにもカジュアルゲームらしいリラックスして遊べる戦略ゲームです。


ジュエル レジェンド:アトランティス


フィッシュダム2

マッチ3ゲームの新作が2つ出ています。
もちろん、目玉は大人気シリーズの新作「フィッシュダム2」ですね!
海外版のリリース時期を考えると、もう既に「ちょっと古いゲーム」になってしまってる感はありますが、やはりこのジャンル(マッチ3)のなかでは出色のできですね。
マッチ3に初めて挑戦する方にも自信をもってオススメできます。
「ジュエル・レジェンド」のほうはごくオーソドックスなマッチ3ですね。


ガーデンスケープ:劇的リフォーム

アクション要素のあるアイテム探し。
このジャンル(アクションアイテム探し)のなかでは、非常に評価の高いゲームですね。
私はアイテム探しがちょっと苦手で、それがさらに時間制限がついてしまったりするとまったく落ち着いて遊べないので、このタイプはなかなか手が出ませんが、それでもよくできているとは感じます。


ザ・アイランド:神変

こちらも「無人島箱庭サバイバル系」のゲームですね。
こちらはより「無人島サバイバル」の方向に近いゲーム性になっています。
広い箱庭の中を駆け回ってモノを集めたり何かを作ったりするのがとても楽しいゲームですね。

posted by Sora at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お得な話題 | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

農場開拓「ファーム・トライブ2」日本語版が来ました!

いよいよこのゲームも日本語化されました!


ファーム・トライブ 2

このゲームは、サバイバル系というか、広い箱庭(スクロールする)を開拓して、農場などをつくって資源を生産して、島を脱出する・農場を完成させるなどの最終ゴールを目指す戦略系のゲームです。
このゲームの目的は、敷地内にある荒れ果てた屋敷を修復し、資金を貯めて結婚式をあげることになります。

ただ、そういう最終ゴールはゲーム中は割とどうでもよくて、実際のゲームでは小さなサブゴール(農作物○○をいくつ生産する、○○という加工食品を作る、○○という工業製品を生産する、○○をいくつ以上販売する…)を少しずつ順にクリアしていく、割とコツコツとした作業を続けていく感じになります。

この、コツコツ、淡々と作業をすすめて、時間が過ぎていく感じが、「農場開拓」という雰囲気にマッチしていますし、カジュアルゲームらしいリラックスしたゲームプレイも素晴らしいですね。
英語版の時点からもともと遊びやすいゲームでしたが、日本語化されたことによって、さらに遊びやすくなり、誰にでも気軽に遊べる、カジュアルゲーム入門にも、戦略系ゲーム入門にもぴったりのとてもよくできたゲームだと思います。(^^)

ちなみに、シリーズ1作めも日本語化されていて、こちらもリラックスできる雰囲気とゲーム性が素晴らしい傑作箱庭サバイバルゲームです。


ファーム・トライブ
posted by Sora at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦略系 | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

BFG米国サイトで、独立記念日セール開催中!

大きな祝日らしい、適用範囲の広いセールがやってきました!

BFG米国サイトで、Game Club会員なら約6割引ですべてのゲームが買える「独立記念日セール」が開催中です!

新作ゲーム一覧

すべてのゲームが割引対象(フリーゲームを除く)で、割引価格は以下のとおりです。

ゲームクラブ会員:標準版4.19ドル、コレクターズエディション8.39ドル
会員以外:標準版5.99ドル、コレクターズエディション11.99ドル

クーポンコードは「 LIBERTY 」、有効期限は8日の16時までです。

最近出たゲームの目玉といえば、やはりこれでしょう!


Sparkle 2

伝説のマーブルポッパーに、約5年の歳月をへて突然続編が登場しました。「1」の雰囲気、ゲーム性を維持しつつ、現代のマーブルポッパーとして新しい生命を吹き込まれたやはり傑作のマーブルポッパーです。


Big City Adventure: Tokyo

クラシカルなアイテム探しのシリーズに、「東京編」が登場。
予想どおりの(笑)コレジャナイ東京が舞台で、中国とかいろいろ混ざっていますが、でもそれがいいです。
ちょっと笑いながらアイテム探しを楽しめますね。


Cut the Rope

いわゆる物理エンジン系のアクションパズルゲーム。
複数のひもでぶら下がったキャンディを、いいタイミングで順次ひもを切っていくことで、振り子の要領で飛ばして怪獣の口もとに運ぶことがゲームの目的です。
英語がわからなくても誰でも楽しめて、頭も使うなかなかの良作。


Asian Riddles

いわゆるピクロス(イラストロジック、ののぐらむ)ですね。
カジュアルゲームで有名どころでいれば「ワールドモザイク」のシリーズと同じやつです。
…で、何か見たことある雰囲気だと思ったらまた8FLOOR GAMESか!(苦笑)
まあ、でも、ピクロス系は初めてみたいだからまあいいかな。ゲームも割とよくできているし。(でも、背景に出てるアジア系女性キャラがかなりあざとい感じ(笑))


Viking Saga


Moai: Build Your Dream


Rush for Gold: Alaska

なんかビルド系TM~箱庭戦略系ゲームがたくさん出ていますね。
上でご紹介したものでも全部をカバーしきれていないくらいです。

このなかで、「Moai: Build Your Dream」はビルド系タイムマネジメントに近く、残り2つは箱庭戦略系に近いですが、ここで紹介した3作品についてはどれも十分及第点で面白いです(ただ、最近はこのジャンルも少しマンネリな気はしますね。新しい要素を期待したいところです。)。


Toy Defense 2

かなり本格派のタワーディフェンスゲーム。


Dark Parables: The Final Cinderella

今回はアイテム探しをもう1作品ご紹介。
最近ではすっかり珍しくなった「カケラ系・シルエット系」をしっかり守り続けている貴重なシリーズの最新作です。(このシリーズは私もしっかり買って遊び続けています)

posted by Sora at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お得な話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。